あかびら商店街通信

あかびら商店街通信 vol.20 -「飯場めし ふくろう」さん

こんにちは!
「あかさぽ」のカナです!!

今回は赤平市の「茂尻」という地区にあるとっても美味しい居酒屋さん、「飯場めし ふくろう」を紹介させていただきます!

Fukurou_1

赤平にお住まいの方、もしくは周辺市町村にお住まいで赤平をよく通る方はきっとお気づきのことかと思いますが茂尻のバイパス入り口あたりにあるお店、気になっていませんでしたか?私ももちろん気になっていて、一体どんなお店なんだろう!!?と思っておりました。ということで百聞は一見にしかず!お店にお邪魔しちゃいました♪

Fukurou_2

「こんばんは~!」とのれんを潜るとそこにはカウンター席と小上がりの席。とっても清潔感がありながら広すぎず狭すぎず、とても居心地の良い距離感。ちなみに私はかなりトイレにこだわる女なのですが、トイレも洋式でキレイ!トイレが居心地が悪いお店には私はあまり長居したくないと思ってしまうのですが、「ふくろう」さんは安心して長居できちゃいます。
話は逸れましたが、私はやはりカウンター席でマスターの竹村さんとの会話を楽しみながらお料理とお酒を楽しむのがオススメ。というのも、店内の様子はこんな感じです。

Fukurou_3

たくさん短冊がぶら下がっていますね!とってもメニューが豊富です。しかしお気づきでしょうか…なんと、値段がないのです!この若輩者の私がこんな年で「値段は時価」のお店に入ってしまうなんて…もしかして場違いなお店に来てしまったのでしょうか!?お会計の時に焦ってATMに走っていくことになってしまうのか!!?
…なんて心配する必要は全くありませんでした。というのも、お店に行ったらひとまずマスターに予算を伝えましょう。または、気になったタイミングで「今お会計いくらですか?」と聞けば良いだけです。マスターもそんなビックリするような値段を言うことはありませんし、予算に合わせて作ってくれます。何も肩肘張る必要なかったんですね。

Fukurou_4

しかし何より一番お伝えしたい「ふくろう」の魅力、それはこの料理の美味しさ。この日のお通しは「ナスの揚げ浸し」。一口食べてその美味しさにビックリです!さらに、「ブリは好きかい?」とマスター。なんと常連さんから立派なブリを貰ったとのこと。もちろんお願いしちゃいました。

Fukurou_5

そして出てきたのがカルパッチョ、そしてガーリックバターのソテー。なんと…まさかの赤平市内でフランス料理的なものを食べることができるお店があるなんて…!!マスターは寿司割烹で働いていたとのことですが、こんないかにも女子が好きそうな料理も作れるなんて驚きです。しかもこれがまたとっても美味しい!!こんなに美味しいブリ料理を食べるのは初めてだ…!と思ったくらい本当に美味しかったです。

ちなみにこちらの「ふくろう」、メニューは豊富にありますが隠れメニューも豊富にあるのです!常連さんにもなると、メニューなんてほとんど見ないでとりあえず食べたいものをマスターに言ってみるそうです。もちろん上記のブリ料理も普段はありません。「何か美味しいもの入ってる?」と聞いてみるのも良いですね!

Fukurou_6

美味しいお料理に舌鼓を打っている間に、平日にも関わらず気づけば常連さんでカウンターが一杯になってしまった店内。さり気なく観察していると、トイレではない方向におもむろに向かった常連さん。戻ってきた常連さんの手にはお酒のビンが!ほとんどの常連さんがボトルキープをされているそうですが、マスター曰く「うちの常連さんはみんな自由に取ってきて飲むんだ。」とのこと。確かにマスターが忙しそうにしていると、常連さんがお皿を下げたり自分でお酒を取りに行ったりとまるでお友達の家に来たように手伝っています。本当に愛されているお店(というかマスター)なんだな~としみじみ感じました!

最初会った時、なんだか迫力のある方だなぁ!!とやや身構えてしまいましたが(すみません…)しかしお話をさせてもらうとマスターはかなり熱い心を持った、一本筋の通った方。赤平の人や食文化などもかなり冷静に分析し、食育や教育についてもしっかりとした識見を持った方でした。
2012年に「飯場めし ふくろう」を始めたきっかけも仲間が集まる場所、帰る場所があるようにという理由だったそうですが、「頼れる兄貴分」といった感じのマスターの元に多くの常連さんが集まる理由もよくわかります。

Fukurou_7

「うちはね、手が回らなくなったらお客さんに迷惑かけちゃうから、混んだらのれんを閉まっちゃうんだ。」というマスター。このお客さんを本当に大切にする姿勢も、本当に美味しい物だけを出したいという料理に対する姿勢も、これが常連さんが夜な夜な集まる理由なんだなと思います。そしてそんなマスターだから、集まる常連さんも理解してくれているんですね。

Fukurou_8

ちなみに1人でお店を切り盛りされているマスターですが、実はとっても可愛い看板犬がいます。もちろん犬が苦手な方が居る時には登場することはありませんが、この子達はセラピードッグという立派なお仕事を持った看板わんこ達。この日も元気に走り回ったり、気づいたら膝に乗っていたりととっても可愛くて癒されます。思わず「また会いに来るね~!」と言ってしまうほどです。

そんなステキな「ふくろう」ですが、2階に広い宴会席もあり大人数での宴会も受け付けているとのこと。なんとその二階では、有名ミュージシャンのライブが行われることも!例えばギタリストの岡崎倫典さん。

Fukurou_8-2

多くの有名アーティストのレコーディングやツアーに参加され、ドラマの音楽やCM音楽も手がけているミュージシャンでアルバムや楽譜集・教則本も好評を得ています。そんな岡崎倫典さんはマスターと仲がよく、ライブが終わった後はそのままお店で打ち上げをするとか。ギターが好きな方や音楽が好きな方にはとっても貴重な機会となること間違いなしです。

Fukurou_9

さらに事前にお願いすれば仕出しのお弁当やオードブルも作ってもらえるそう。他にもイベントやお祭に出店することもあるそうで、マスターの作る美味しい料理は引っ張りだこです。芦別や歌志内からもお客さんが来るというのも納得ですね。

そしてもうひとつ、常連さんに聞いた「ふくろう」のもうひとつの魅力はお酒の品揃えだそうです。残念ながら私は日本酒・焼酎のことはあまり詳しくないのですが、なんとお酒屋さんですら置いていない珍しいお酒が「ふくろう」にはあるんだそうです!これはお酒が好きな方なら一度は足を運んでみたくなりますね!!

Fukurou_10

しかも、マスターは口が堅いからお忍びデートにもおすすめ!(笑)だそうですよ。もちろん常連さんもお店の信用を落とさないために喋ったりしない!とのこと。一度食べに行っただけでこんなにお店のアットホームさが伝わってきて、とっても楽しいひと時でした。

料理もすごく美味しく、お酒の種類も豊富な「ふくろう」。今までどんなお店なのか気になっていた皆さまも、ぜひ一度訪れてみてくださいね!

Fukurou_11

飯場めし ふくろう
【住所】赤平市茂尻中央町北1-7
【電話番号】0125-32-3329
【駐車場】有
【営業時間】16:00~22:00
【定休日】日曜日(予約があれば営業も可能)
【席数】20席+2階宴会席(20~30名)

※この情報は2015年2月16日現在の情報です。季節やお店の状況によっては掲載内容と異なる場合がありますので予めご了承ください。
※当ページに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい

onegai1

▼商店街に関する情報をお待ちしております▼
ご意見や掲載依頼等をメールでお寄せください。
———————————
akasapo.mail@gmail.com
———————————
※差し支えなければ、①ニックネーム(ご紹介の際に使用しても良いお名前)②本名③ご連絡先④年齢(②~④は任意)をメールにご記載ください。
お預かりした個人情報につきましては商店街振興の目的にのみ利用し、ご本人の同意がない限り第三者には提供いたしません。

トップへ戻る

 

ページの先頭へ